59歳男性出会い系サイトに5千万円つぎ込み怒りの提訴

出会い系サイトに登録をしている人は恋人が欲しくて利用する人は多いですよね。

なんとしてでも59歳の誕生日までに彼女が欲しいと切実に願った男性はなんと出会い系サイトに5千万円つぎ込んでしまったというニュースが流れてきました。

5千万円・・・。そんな大金をなぜつぎ込んでしまったのかって誰もが思うことでしょう。

そんな関西地方で暮らしている60代の男性が運営会社に対して支払った金額分の賠償などを求める訴訟を裁判所に起こしました。

サイトを通じて知り合った「女性」に連絡を取り合い、会う約束をしてもドタキャンばかりされてしまう。さらには悪い人から女性を助ける為にポイントを購入しろ!という要求をされるなどどんどんポイントを購入してはつぎ込み購入してはまたつぎ込みということを繰り返していました。

これに対して男性はさすがにこの女性はサクラに違いないということでサイト側を訴えました。

しかし、サイトを運営をする側としては一貫として実在の女性だと反論をして裁判となっています。

判決は記事の最後に書いてあります。

この出会い系サイトでは1ポイント10円でメールの送信は1通につき22ポイントかかることなので1通あたり220円、受信は24ポイントかかるので240ポイントかかります。

さらに会員のプロフィール写真を見るだけで30ポイント、300円かかるというかなり高額な設定の出会い系サイトです。

大手が運営をするポイント制出会い系サイトは1ポイント平均10円でメール1通につき50円ですので4倍以上値段がかかります。プロフィール画像に関しては1ポイントで見れるところが多いのでおよそ30倍もの料金設定をしていることになります。

普通に考えて料金が高すぎるので怪しいと思いますし、もっとリーズナブルで安心の出会い系サイトをなぜ利用しなかったのか?って思ってしまいますよね。

また会う約束をしても1回目はドタキャンされてしまい、2回目では悪者に追いかけられているから身動きが取れないって言われてキャンセルされたりと、もはや完全に悪徳業者が運営をするサクラが行う典型的なキャッシュバッカーなのではないかって思ってしまいますよね。

それでも信じきってしまっている男性はどんどんメールのやり取りをさせようと『大丈夫!』、『守る!』『安心して』って10回送って!ってメールの送信を要求してきています。

他にも男性には色々な女性からのアプローチが来て、超能力者を名乗る女性とメールのやり取りをしていき「『ズーロア・ドッテイナユ』これを10回伝えて!」と意味不明の言葉で、ググっても出てこない言葉を10回もメールで送らせたりしています。

『ポイントがなければ自分で分かるでしょ?』て言われて有無を言わさずポイントを購入し続けて気がつけば3年間で5千万円もつぎ込んでしまっています。

2人のほかにも第三者の悪者に負われている女性の居場所を特定するためにポイントを要求してきたり、大金を上げるからといって特定の数字や記号をメールで送るように支持されて結局大金なんて手に入らないまま男性は騙され続けていたのです。

とにかくメールを送らせるような行為も明らかにキャッシュバッカーなのでは・・・?って言わざるを得ないですよね。

ここまでされてまだ悪徳業者だと気付かないという男性も男性で客観的に見ればこういったメールのやり取りを見れば他の人からみればこんなのサクラに決まっているじゃないか!って騙されるほうも騙されるほうだよ(笑)って失笑気味かもしれませんが、こういった手口で騙されてしまう人はこの60代の男性だけではないのです。

というのも出会い系サイトを利用して一度相手のことを信用しきってしまうと脳がうまく機能せずにやり取りをしてしまうのです。

また心のどこかではもう騙されている気付いている人でもそれを自ら否定してしまいがちになるのです。認めてしまったらこれまでつぎ込んできた時間や手間、何よりお金が無駄になってしまうからもう後戻りできなくなってしまうのです。

相手に言われるがままにやり取りを続けてしまいます。

気付いたら5千万円です。

さすがに男性ももう限界といった感じで訴訟を起したんだと思います。

裁判所の下した判決は『 サクラ 』と結論づけました。

サイトのプロフィール写真は台湾人モデルであり、その上でサクラと認められる要因の一つにドタキャンの言い訳を挙げた例です。

女性は「悪い人に追いかけられている」と言い訳メールを送っていたものの裁判所は

「明らかに不自然な理由で会うのを拒否している。サイトの会員ならこのような無意味なやりとりを行う合理的な理由はない」と指摘。

「実際に会えると誤信させてポイントを消費させるよう指示されていたサクラだった」さらに「仮に実在の人物でも、サイト側から指示を受けてメールのやりとりをしていた」

と判断して女性が実在しようとしまいがサクラには変わりはないとしてサイト側に支払い分の賠償などを命じました。

未だに出会い系サイトをめぐる被害相談は後を絶ちません。

悪徳業者の数は年々減少傾向で相談件数も減ってきてはいても未だに1年間で9,600件の相談が寄せられていると思います。

まずはしっかりと出会い系サイトを利用する前にどういったメールがサクラやキャッシュバッカーでどういったサイトが悪徳業者が運営をするのかをしっかりと見極めなくてはいけません。

出会い系サイト選びはとても重要になるので慎重になりましょう。