初対面に注意!利用者同士のトラブル

出会い系サイトで気をつけるべき点といったらやはり悪徳業者の運営する悪徳サイトを利用しないということやキャッシュバッカーなどとやりとりをして全然出会うことが出来なくて時間もお金も無駄にしてしまったという点があります。

悪徳サイトを利用してしまったらサクラしか居ないわけですからどんなにやり取りをしても出会うことも出来ないばかりか架空請求で多額の料金を請求されてしまったり、キャッシュバッカーと気付かずにやり取りをしていても同じように時間も手間も無駄に終わってしまいます。

この2つに関しては十分に警戒心を持って出会い系サイトを利用する際にまずは安全に利用できる優良サイトを利用することが一番大切です。

今現在やり取りをして向こうから会おう会おうと女性のほうから積極的に誘ってきてもいざ会うことになったらドタキャンされている場合はキャッシュバッカーとやり取りをしているかもしれないという疑惑の念を持ちましょう。

しかし、出会い系サイトにはもう1つ気をつけなければいけないこととして利用者同士のトラブルがあります。

出会い系サイトは本当に素晴らしいツールです。インターネットを介して出会いを求めるのが当たり前になってきている今だからこそ利用者が増えてきているのです。

素晴らしいサービスだからこそ悪用する人も出てきますよね。出会い系サイトを利用している全ての人が必ずしも良い人だというわけではありません。

悪用して利用者を騙そうとする悪人も居ますので十分に気をつけなくてはいけません。

また利用者同士のトラブルに巻き込まれるケースの大半は初対面で起こることが多いので十分に気をつけるようにしましょう。

ここでは実際に事件となった事例を紹介していきますのでこれから初めて相手と会うという人もこれから出会い系サイトを利用しようと思っている人も過去にこういったことが起こったということを頭に入れておきましょう。

とはいえ滅多に利用者が事件に巻き込まれたということはありません。ほとんどの人が健全な出会いを目的に利用しているからです。

ですが、頭の片隅にでもこんなことが過去に起こったからという警戒心は持って置くようにしましょう。

ドライブで置き去りにされる

ドライブで置き去りにされる

出会い系サイトで知り合った相手と初めてのデートでどうせならばドライブデートに出かけようと言われて普段ドライブデートに出かけることがなかったので、ちょっとした遠出を楽しめると思って快諾して待ち合わせ場所まで迎えに来てくれるということで最寄り駅の隣の駅で待ち合わせをしましょう。

そこからちょっとしたところに穴場のおいしいパスタが食べれるイタリアンパスタがあるから食べに行こうといって高速に乗ってドライブデートを楽しみました。

最初は普通に会話を楽しんでいたのですが、もうそろそろ着くよぉ~って言われて山道に入っていって人気のない奥へと進んでいって本当にこんなところにレストランみたいなのがあるのかな?って思っていたら着いたと言われました。

全く何もない場所でヤバいと思っていたら男の態度が豹変して言うことを聞かないとここで置いて行くと言われて脅されました。

こんなところに置いてかれるのであればということで体を求められたので言うとおりにしたのですが、結局行為が終わったらそのままバックを取られて置き去りにされてしまいました。

1人で何とか人が居るところに呼んでもらって警察などに連絡をしてもらって送ってもらいましたが、本当に怖かったという事件があります。

まだ会ったことがない人の車に乗るのは本当に危険です。

最初は無難に居酒屋などでどんな人なのかを見極めて信頼できる人なのかを見極めてからドライブデートに行きましょう。

しつこく相手がドライブデートに誘ってきたら正直に最初に会う人とは車に乗らないって決めているのって伝えてそれでもまだ言ってきたら危険だと思って会うのは避けるようにしましょう。

宗教やマルチ商法の勧誘

宗教やマルチ商法の勧誘

出会い系サイトを利用する人の中には恋人目的などの出会いではなくて勧誘目的で利用して居る人もいるので気をつけるようにしましょう。

出会い系サイトを利用して知り合った相手と待ち合わせ場所である喫茶店の中に入って話をしていたら徐々に政治や日本の経済の話将来の先行きの不安などを煽る話をしていきます。

そのうち相手の携帯の電話が鳴り出してそこから実業家の人がたまたま近くに居るから一緒に話さない?っていうちょっと芝居がかったことを言ってきて半強制的に有無を言わさない2対1の状況で話をします。

そこからセミナーなどへと勧誘してくるのです。

宗教も同じようにとりあえず一度だけでいいから参加してみてといって逃れられない状況を作ります。

別に勧誘自体は違法な行為ではありませんが、出会い系サイトでは出会いを求めて利用するわけですよね。目的が違います。

どんなに相手と仲良くなろうとも結局相手は勧誘を目的にその場所に来ているので付き合うとかには発展しないと言っていいでしょう。

興味があれば話を聞けばいいですが、興味がないのであれば長く話を聞いていても意味がありませんのでハッキリと断るようにしましょう。

美人局(つつもたせ)で金品要求

美人局(つつもたせ)で金品要求

男性がターゲットになってしまうのがこの美人局と呼ばれるものです。

出会い系サイトを利用していたら綺麗でスタイル抜群の若い女性から積極的に会ってホテルに行こうとか誘ってきます。

最初はキャッシュバッカーかなって思って警戒をして待ち合わせ場所に向かったら相手もしっかりと待っていてそのままホテルに向かうことになります。

男性からしてみれば嬉しいと思って人気のないホテル街に入っていったら周りを怖い男性に取り囲まれてしまって金銭の要求をされたりします。

中には行為を終えてホテルから出てきたところを写真に撮られて金銭を要求されてしまうということもあります。

悪質なものだと写真を撮られて金銭を要求されるだけではなくて会社の名刺などが入っていたら何度も会社に電話してきて金銭を要求したり自宅まで取りに来るといったケースもあったようです。

まず美人で綺麗な女性からの積極的なアプローチには十分注意して欲しいのですが、ほとんどの男性は向かってしまうことでしょう。

ですからまずちょっとでも美人局かな?って思ったら基本的に高級な時計や財布は持ち歩かないようにしましょう。

最低限のお金だけを持ち身分証を持ってはいけません。

さらにロッカールームにお互いの携帯を一緒にしまって外部と連絡をするのを取られないようにしましょう。

相手が美人局じゃなかったら逆に怪しまれるかもしれませんが、美人局が怖いと言って事情を説明しましょう。

そしてホテルに入る時も周りを警戒して後をつけられていないかなどを確認して一緒にホテルに入ろうとせずに別々に入ってください。

ホテルから出るときも別々で出るようにしましょう。

ここまでしなきゃいけないの?って思うかもしれませんが、美人局を警戒するのであればここまでしたほうがいいと思います。

相手が美人局じゃなければいいかもしれませんが、万が一に備えられるものは全て備えておかなくてはいけませんね。

性病をうつすつもりで性行為

性病をうつすつもりで性行為

今日本人の若者を中心に性病が蔓延していると言われています。性病になっても治療することもなくそのまま放置をしている人もいて中には自分が性病だと分かっていて自暴自棄になって性病をうつすつもりで出会い系サイトで男性と性行為を望む女性も居ます。

男性は基本的に女性からの性行為から伝染ると言われているので女性と性行為をするときは必ず避妊具をつけるようにしてないといけません。

割り切りの出会いを目的に妻帯者が女性と性行為をして性病が感染してしまいそのまま奥さんと性行為をしたことで性病がうつってしまって浮気がバレてしまったということはあります。

治療して治るものであればまだしもHIVとかにかかってしまったら本当に悔やんでも悔やみきれないですよね。

ですから避妊具をつけるようにして性病に感染しないようにしましょう。

高額商品の強制購入

高額商品の強制購

出会い系サイトで知り合った相手に強制的に高額の商品を購入させられてしまったという事件もあります。

人気のないビル街で待ち合わせをして会社に忘れ物しちゃったからちょっと一緒についてきてみたいな理由で一緒にビルの中に入ったら怖い人たちがいて強制的に数十万もするような布団を買わせられてしまったとか絵画を購入することになってしまったというケースがあります。

クーリングオフがあるから大丈夫という人もいますが、クーリングオフが出来ないようにうまく法律の合間を縫って強制的に販売させられてしまいます。

絶対にビルの中に入ったり怪しい人気のない場所に連れて行かれそうになった場合は断って相手にしないようにしましょう。

利用者同士の事件のまとめ

出会い系サイトを通じて悪いことをしようと思っている悪人はまだ存在をします。

滅多に遭遇することはなくほとんどの人は健全な出会いが出来ると思いますのでそこは安心してください。

ですがこういった事件が過去に起こったということを把握しておくことで何か巻き込まれそうになったとしても回避することが可能です。

特に初対面の時には十分に警戒をするようにしましょう。

女性だけがターゲットに遭うだけではなくて男女関係無いということも頭に入れておきましょう。