騙されない!悪徳業者の特徴

騙されない!悪徳業者の特徴
出会い系サイトを利用しようと思っていても結局サイトの数が多すぎて選べない!っていう人も多いですよね。

今の時代は何でもインターネットで調べられるけれど嘘の情報だったり、ガセネタが行き交っていてどれが本当に正しい情報なのか分からなくなってしまいます。

調べれば調べるほど結局どれを選べばいいんだろうと頭を抱えている人も少なくありません。

出会い系サイトには悪徳業者が多い印象があると思いますし、毎年ニュースなどでも悪徳業者が逮捕されたというニュースが流れてきますよね。

悪徳業者の数は全盛期と比べて激減したと言われています。その理由としては出会い系サイトを取り締まる法律が非常に厳しくなったことと、今の時代はインターネットで簡単に調べることが出来ます。

【 サイト名 + 評価 】などでインターネットを検索すれば悪徳サイトか優良サイトかを判断することが出来るようになったため悪い口コミが多ければ利用しないほうがいいですよね。

悪徳業者からしてみれば運営をするリスクばかりが高くなり、利用者は増えない状況ならば悪徳業者の数は減るのは当然ですよね。

しかし、完全にゼロになったわけではありませんし、毎年ニュースが流れるということは未だに騙される人がいるという事でもあります。

ゼロでない以上は警戒する必要がありますし、これだけ出会い系サイトの取締りが厳しくなった今でも存在をするということはもはや悪徳業者はなくならないものと考えたほうがいいです。

出会い系サイトをこれから始めようと思っている人はとにかく悪徳業者が運営をする出会い系サイトだけは利用してはいけません。

悪徳サイトを利用してしまったらどんなに積極的にアプローチをしようが相手は業者ですから会う事は出来ません。

出会い系サイトを利用して出会えるかどうかの7割はサイト選びで決まると言われていますから悪徳サイトだけは利用しないようにするために悪徳業者の特徴を紹介していきます。

会社情報や問い合わせ先がない

会社情報や問い合わせ先がない

出会い系サイトを利用するのであれば必ず確認をして欲しいのが会社情報です。

出会い系サイトのみならずインターネットサービスを運営をする場合は必ず自社の情報を公開をしなければいけません。

しかし、悪徳業者の場合は自社の情報を公開しません。

その理由は少しでも警察などの耳に入るのを遅らせたり、調査を曇らせる為です。

今は警察もしっかりとサイバー対策を行っていて会社情報を公開しないほうが怪しまれて調査の対象になりますが、人はやましいこと悪いことをするときに心理的に隠れてコソコソ行うものですので情報を隠したがります。

必ず運営会社は見るようにしましょう。

利用規約を一から全部見るのは大変ですからきちんとした利用規約があるのかぐらいは確認しましょう。

さらに問い合わせ先があるのかどうかは見ておかないといけません。

連絡先がなかったりメール対応がないところは利用者からのクレームが来ることが分かっているからでもあります。

まず利用してはいけない悪徳サイトです。

トップページがエロを強調

トップページがエロを強調

出会い系サイトでは色々な人が様々な理由で利用していますが、その中の1つで割り切りの関係だったり、一夜限りの関係を求めて利用している人が多いです。

特に男性からしてみれば割り切りの関係やセフレの関係が築けるのであれば是非お願いしたいという人も居ますし、そういった目的で男性は利用してる人もお多いです。

そして出会い系サイトでは男性の利用者が多いので男性の性欲を刺激するようなエロい画像や過激な描写があるところはかなり注意してください。

元々割り切りの関係を全面に押し出しているところの9割が悪徳サイトと言われています。

もともと男性の利用者が多い出会い系業界の中で女性の過激な露出した画像を全面に出したり、男性を性欲を刺激するような表現をしているところは怪しいです。

トップページの時点でエロさ全開のサイトは利用しないようにしましょう。

料金が後払い制や料金の明記がない

料金が後払い制や料金の明記がない

出会い系サイトの使用料金が後払いのところは基本的に悪質の可能性が非常に高いと思っていいです。

というのは後払いのシステムって使った分だけ後々請求されるのですが、この後払いの仕組みというのはどれだけ自分が使ったのか判断できませんよね。

出会い系サイトではメール1通や掲示板を見たり相手のプロフィールを見たりするだけでも料金が発生します。

1つ1つの料金は全然少ないです。10円とかメール1通でも50円~70円前後です。

しかし、メールでやり取りをしたり、プロフィールを見ていったりその1つ1つをいつ使ったのか、どれぐらいやり取りをしたのかを確認するのは非常に分かりづらいですよね。

出会い系サイトのような料金が自分次第で使用料金が変わるサービスで後払いと言うのはかなり悪質な企業であるといわざるを得ません。

ユーザーの心理を考えずに自社の利益ばかりを追求している証拠でもあります。

さらに利用料金が明記されないところはさらに悪質と言わざるを得ません。

インターネットサービスにおいて料金が発生する場合は必ず料金表を記載しなければいけないと法律で定められています。

それを無視してさも無料のように偽ってサイトを運営をしているのは利用者に利用させて後になって請求をしようと考えています。

どちらも悪意のある運営をしていると感じるので利用しないようにしましょう。

運営歴が短い

運営歴が短い

必ず悪徳業者という判断は出来ませんが、極力利用しないほうがいいです。

出会い系サイト業界の平均運営年数は極端に短く全体で1年未満と言われています。なぜここまで短いのかというとそれは悪徳業者がすぐにサイト名を変更したり、会社名を変更したりするためです。

というのは悪徳業者に対する取り締まりは非常に厳しく罰せられた時の罪も重いので、悪徳業者からしてみれば取締りが入る前に3ヶ月~半年の周期で会社名を変更します。

そのため出会い系サイト全体の平均運営年数は下がっていきますよね。

もちろん新規参入した企業がまじめに利用者のためを思ってサイト運営を始めた出会い系サイトもあるかもしれませんが、中々悪徳業者なのか優良サイトなのか見分けが付きづらいです。

運営会社が短いところを選ぶのではなくて他の出会い系サイトを利用したほうが安全に利用することが出来ますので極力近寄らないようにしましょう。

料金が高すぎる

料金が高すぎる

優良な出会い系サイトであれば、大体はある程度似た様な金額設定になっています。

プロフィール閲覧:0円~10円
メール送信:50円~70円
掲示板投稿:50円~60円

これぐらいの金額が業界内では妥当とされている金額であり、これぐらいの金額であれば大体1万円ぐらいで普通に出会えるものです。

出会い系サイトでは出会いを目的に利用しているから出会える出会い系サイトならば利用料金は高くありません。

定額制の出会い系サイトが月々5000円から高くても10,000円ぐらいのプランが多いのはポイント制と似たような料金設定を設けているためです。

ただ、これが悪質なサイトになるとメール1通500円以上するところもあります。

日本では高いから安心という考え方がありますが、決して利用料金が高いから出会えるというものでもありませんし、出会い系サイトの場合ではむしろ悪徳サイトなのではないかと怪しんだほうがいいです。

ただ女性と楽しくメールでやり取りをしているだけで10万円以上かかってしまったではありえないですよね。しかも結局出会えないで相手がサクラだったらやるせないですよね。

完全無料の出会い系サイトもサクラが多く大変危険ですが、だからと言って高額な出会い系サイトが絶対に安全だということにはならないです。

高額の利用料を払うぐらいならば他のサイトを利用したほうが安全です。

姉妹サイトへの同時登録

姉妹サイトへの同時登録

無料の出会い系サイトを運営している悪徳サイトによくある手口なのですg、同時登録をされてしまいます。

無料のサイトAを利用したくて登録をしたら他にもB・C・Dといったほかのサイトにも登録が自動でされており、迷惑メールが万万届くようになったりします。

もちろんB・C・Dというサイトを使わなければいいですし、迷惑メールを気にしないという人ならばいいかもしれませんが、大体そういった同時登録をするサイトは情報を転売をしているので怪しい営業電話がかかってくることもありますので気をつけましょう。

申請手続きをしないまま運営

申請手続きをしないまま運営

出会い系サイトではあまり知られていませんが、運営をする際に必ず申請手続きを行わなければいけない決まりがあります。

この申請手続きは2つ申請をする必要がありますが、そのどちらもそこまで申請許可が下りないというわけでもないですし、手数料も高いというわけではありません。

1つは総務相に『電気通信事業届出』、もう1つは警察庁に「インターネット異性紹介事業」を申請をして認可が下りたら必ずホームページ上に公開をしなければいけません。

しかし、先ほども書いたように悪徳業者の出会い系サイトは3ヶ月や半年といった短い周期でサイト名を変更したり会社名を変更したりします。

その度に申請していたら申請手数料も高くなりますし、手間もかかるから申請しないまま運営をしようと考えているのでしょう。

法律すら守っていないところが優良企業な訳がありませんよね。絶対に利用しないようにしましょう。

ホームページに公開をしているところは大体会社情報や特定商取引方に記載されています。

■インターネット異性紹介事業届出・福岡公安委員会
認定番号 □□□□□□

■第二種電気通信事業者届出済
届出番号××-○○○

といった形で2つまとめて表示されているので確認をしておきましょう。

悪徳業者の特徴まとめ

悪徳業者が運営をする出会い系サイトというのはある程度特徴は似たようなものです。しっかりと利用する前に確認をしておくだけで全然騙されるリスクというのは少ないです。

自分は騙されるわけがないとか、悪徳業者なんてもう無いだろうと安易に考えていたり、自分が利用している出会い系サイトは絶対に優良サイトだと思い込んでいて利用していたら気付いたら出会えないまま料金だけ支払ってしまうことになります。

出会い系サイトではサイト選びがとにかく重要です。

悪徳業者のサイトかもしれないと思って確認して当てはまらないものを利用するようにしましょう。